もっと自由でいいんじゃね??

おはようございます~

昨日、筋トレでいつもより負荷をかけたので・・

少し筋肉痛 笑



てことで、

今日は、日頃から、僕が感じていることを書きますね~



結論から言っちゃいますと、

「トレードはもっと自由でいい」って話です 笑



ツイッター見てて、よく目にする「決まり文句」

・手法はひとつに絞り込め
・勝てるところだけやれ
・チャンスが来るまで待て
・目線は固定しろ


毎日、一回は見ますよね 笑



これって正しいと思いますよ。

逆をやって、

初心者が負ける大きな理由になっているから・・



でも・・

正しいんですけど・・・

チャートを見抜く「感性」を磨くという点では

マイナスに働くと思うんですよね。


どういうことか?

具体的に見ていきますね。



ドル円 4時間
ドル円4時間


これ現在のドル円ですね。

直近だったら、どうトレードしますか?



シンキングタイム~~笑 

(30秒経過)



では、正解です!

ドル円4時間 2


模範解答いきますね 笑


直近で言うと・・緑の下落が目立ちますよね。


大きな「売り圧」がかかっています。


この下落に対する戻り売りが狙えそうですね。



☆印のポイントが強いレジスタンスになると予想できますが・・


あっ、やっぱり落ちましたね。


直近安値で利確!


成功した人も多いんじゃないでしょうか?


おめでとうございます!



で、


落ちた後、また戻ってきました。


よし、手法通り、戻り売り!


2勝目~~うえーい~


戻り売り最高~~




おめでとうございます!



では、ここで問題です。


このトレード、いつまでやりますか?

いつまでやってて大丈夫ですか?




答えを見つけやすくするために


時間足と目線を変えてみましょう。




ドル円 15分足
ドル円 15分



2回目の戻り売りをしたのは

左の長い陽線が出た後ですね。


ずるずると落ちていきましたが

直近安値(陽線の発射台)までは

落ちてきませんでした。



これ、めちゃくちゃ、重要なポイントです。

買い手は、この状況を見て「買いが優勢」になってきたと考えるからです。



なので・・・

僕なら3発目の戻り売りは様子見にします。

(結果的には、取れましたが)



目線を固定していると

環境の変化に気づきにくいけれど、



目線と時間足を変えてチャートを見ると

変化の「潮目」にいち早く気づくことができるようになる。


ってことです。




立場が真逆のプレーヤーの心理になると

見えることがあるってことですね。



ちなみにあなたが買い手ならどこで買いますか?



僕なら、

15分足でTLを引いて3発目の反応を見ます・・



ひげが出たタイミングでイン!

戻り売りを警戒し、直近高値で利確します。




【まとめ】


4時間のデイトレSと15分のスキャL


目線、固定してませんね~

時間足、変えてますね~

待つポイントも変えてますね~



僕はこんな感じで

1分足から週足まで見て、

複数通貨でいろんなことをやっています。



はっきり言って、変態です 笑

でも、その方が儲かるし、面白いす 笑



あえて混乱の世界に自分を突き落とす。

カオスの中でもまれてみる。

思考停止せず、考え続け、他人は無視し自分流を確立する。



まあ、投資は自己責任、

いろんなアプローチがあると思いますし、

これはあくまでも僕の考え方です(^^♪




参考になったと思われた方は、ランキング ポチ☟をお願いします!
スポンサーサイト



海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

コメント

非公開コメント