手法 トレンド~レンジ~トレンドのループの中で

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



未来予測 ~どこで利確するか~

こんにちは~

風邪も治ってきたので

ブログを更新します。


先日、複数根拠のエントリーという

記事を書きましたが




今日は、どこで利確するかを

「複数の根拠」で考えてみます。

先週のゴールドを例に見ていきます。


日足
日足

予想通り、三尊の肩から落ちました。


4時間
4時間①

480Pipsの下落。

天井で売った人が、どこで利確するか?

天井を付けた段階で、「未来予測」します。


4時間 下降チャネル
4時間②

二つの高値(赤〇)を結んだチャネル。

※僕はフィボナッチチャネルの数値を変えて4分割表示することが多いです。


チャネル下限は、左の天井をつける前の安値に合わせました。

その上で、斜めラインが各所で効いているか確認をします。


このチャネルの「値幅」が

チャートを支配しているとすれば

チャネル下限に到達すると考えられます。

(実際に到達しました 笑)


次に、チャートを1時間に拡大してみます。
1時間①

この下降チャネルに「逆らう流れの上昇チャネル」を引いてみます。

直近の上昇トレンドに注目してみると・・


1時間 +上昇チャネル
1時間②

これも反応するところをよく見ます。

15分足などで微調整を繰り返します。


で、

この値幅が機能するとすれば・・


上昇チャネルの値幅を等倍していくと・・

1時間③

上昇チャネルの4倍の値幅と

下降チャネルのラインがあたりました。


これは、どういうことなのか?


下降チャネルが支配する中で

戻しとしての上昇チャネルがあって

その流れが「下に曲げられて」、

2つのチャネルとも下限に押さられた。

それにかかる「時間」が一致する。

というイメージでいますが・・


このあたりのメカニズムが、

理解できていません。

誰かこっそり教えてください 笑



さて、利確の話に戻しますね~

もうひとつ根拠を重ねてみます。


+値幅BOX
1時間④

オレンジのBOXは、

数週間、出現している値幅ですね。

木曜日の戻しからのNでちょうどゴールが重なりました。


僕の実際のトレードでは、

水平線も見ていて、少し上で利確しました。



以上です。



まあ、

僕は値幅の初心者なので、

まだまだ勉強です。


というより、

なぜ同じ値幅が出るのか、

という根本的な理由がわからないのが、

致命的です。


わかっている人は

わかっていると思うので、

いつかはたどり着きたい。


そんな風に思う、今日この頃です(^^♪



※未来予測については日々、検証を重ねています。
 なので、この記事は、あくまでも参考にとどめて頂き、
 ご自分なりの利確方法を編み出していただければと思います。


追記

4時間③

戻り売り、継続で、

こういう流れもある鴨ですね~



ランキング ポチ☟をお願いします~!

エントリー条件 複数の根拠

筋トレ終わって

時間できたので

僕が考える

エントリー条件について書きます(^^♪


考え方で、

最近、大事にしているのが、

「複数の根拠」です。



先週、木曜日夜から金曜日かけてのトレードを例にとります。

https://twitter.com/SSSURFFF/status/1174830868545691649?s=20


ポン円 4時間 
ポン円 4時間9月に入って底からぐいぐいあげてきたポン円。

いったん☆印の節目で頭を打ち、落ちてきたのが木曜日です。

この後、どうチャート分析してトレードしたか?

(右側は、見えていないものとして想像してください(^^♪)


+トレンドライン  
ポン円 4時間 TLまず、トレンドラインで、大きな方針を立てます。


このチャートではトレンドラインを割っていますが、

トレードした時には、まだ割っていない状態でした。


つまり「トレンド継続」と判断。

押し目を狙うトレンドフォローの戦略でいくことに決めました。


そうなると、

次はどこが押し目か、

予測することが次の作業です。


TL的には

3発目の反発(赤の↑)を意識していましたが・・

さらに確度を高めるために

複数のエントリーの根拠を見つけていきます。


+水平線  
ポン円 4時間 TL、水平線最重要視しているのが水平線です。


過去にサポレジ転換していて、

直近でもレンジを作り、意識されているラインを引きます。

このレンジがサポートになる可能性を考えます。


30分足 +下降トレンドライン 
ポン円 4時間 TL、水平線、チャネル③
次に逆向きのトレンドも考えました。

下の方の緑のラインをご覧ください。

トレンドと逆方向に流れるラインを意識して「下降」のトレンドラインを引きます。

それを平行移動したものが上の斜め線。

3回反発しているのが確認できました。


ということで、

位置的に4発目を狙うイメージが可能です。


(余談)
チャートは本質的に斜めの世界だと思っていますが、
メインの流れと逆の流れが組み合わさって、
価格が動いています。(研究中 笑)



+FR 
ポン円 4時間 TL、水平線、チャネル③ FB最後にFRも引いておきましょう。


トレンドが強いので、

直近の上げに対して、38.2ぐらいで反発する可能性を意識します。

以上で、

複数のエントリー根拠が重なるポイントが見えてきました。


価格と時間の絞り込みができてきました(#^.^#)



トレード(イン、アウト、損切)
ポン円 エントリー りかくでは、

トレード開始!


直近安値の下に損切入れて

直近高値で利確。


はい。

100ぴ取れました 


トレードは

チャート分析がすべてです。




(まとめ)


トレーダー(AIも?)は、

トレンドライン、水平線、チャネル、FBなど

複数のテクニカルを使っていると考えられます。


その人たちのエントリーが重なる場所が

確度が高いエントリーポイントになります。

だから、いろんなことを知っていることが大事で、

それらを組み合わせて、その都度、その都度、やっていく。

それが、トレードなんじゃないかと思っています。


根拠をどれだけ集めるかは、

相場によって変わってきます。

自信があれば、水平線だけでやることもあるし、

値幅(N,E)、チャネルも使って、根拠を高めることもします。

なので、僕の場合、

チャートがその時その時で変わるんですね(;^_^A

これって手法なんですかね?

違うと思います。

トレードに必要なのは、

複数の武器を使いこなすことで、

ひとつの手法で勝てるほど簡単じゃないと思っています。

(へたくそ商材屋がnoteで売るような ぶっ)



組み合わせに個性があるし、

ひとりひとりトレードは変わってくる。

正解はない。


そんなことを思う、今日この頃です(^^♪


ランキング ポチ☟をお願いします~!



手法 水平線のサポレジ転換 

こんばんは


同じかずま式の方から、

質問があったので

ブログにも書きます。


先週、弱かったオジドル。

僕はトレードしていませんでしたが

どこで入れそうか、

(僕なら、どこを狙ったか)

書きます。


1時間足(デイトレ)
オジドル 1時間


5分足(スキャ) ※上の一発目の下落の戻りからさらにS

オジドル 5分①



使っているのは、

(ほぼ)水平線のサポレジ転換だけです。



トレンド発生時は、

大きくはこの考え方で

勝てるんじゃないでしょうか?



これ以上は、書けませんが、

トレードにはインジは不要で

水平線だけでできるものだと思っています。



ランキング ポチ☟をお願いします~!

さっきのGちゃん 

ひまだから書きます~

さっきのG

無題


ネックラインを割れずに支えられて~

チャネル下限で髭つけて支えられて~

で、レンジブレークして~



戻りでIN

硬いレジのブレークでOUT


もっと伸びると思うけど

FOMCだしね~