ドル円 ポン円 どうでしょう?(1月27日~)

こんばんは~

きょうは家族と遊んできました。
明日は海行きます~

のまえに、
来週のドル円、ポン円、戦略です。

「チャンス継続」と考えています。


ドル円日足USDJPYDaily 0127~

先週のブログでも書きましたが週足レベルの下降TLで反発し下落した1週間でした。

このまま一気に下落するか、このあたりでレンジを作るかはわかりませんが
とりあえずは「戻り売り」継続でいいと思っています。

4時間USDJPYH4 0127~

TLを抜くまでは上がれば売りでいいと思います。

強い買いが入りそうなのは太い黄色のライン(ゾーン)あたり。
N、FE,FR、水平線などの根拠が重なるゾーンです。
いったん、ここまでは落ちるのではないかと思います。

底を抜くと、4時間足の直近安値を目指すでしょう。


というドル円の流れをイメージしつつ、
ポン円。

日足
GBPJPYDaily 0127~

赤い水平線。
ツイッターでも書きましたが日足のネック。

ここを越えられず、
頭打ちしたように見えます。

4時間
GBPJPYH4 0127~

黄色□は何度も高値更新を目指した痕跡 笑
上昇3発目で、高値から引ける下降TLにタッチし、髭をつけて下落しました。
(消してしまいましたが、金曜日に上昇TLを割りました)


3発目で勝負がつくというのはよくあることですね。
逆に言うと、負けるとしても3回ぐらいは攻めるということです。


グリーンの水平線も割り、下のゾーンに落ちた金曜日。
さらなる下落を狙っていきたい形です。

このまま抜けても、戻しても、戻り売り狙い。
月曜日、東京で上げて、
欧州で叩かれるという流れになると
美味しい気がします。(危険な妄想 笑)

1時間
GBPJPYH1 0127~

拡大しただけです笑

ブルーのラインのような動きをイメージ。
(あくまでも想定パターンです)

黄色のラインまで落ちて欲しいところ。

赤の下降TLを超えるまでは下目線で
(スキャは両方)
デイトレするのがいい感じですかね。


(おまけ)
ゴールドは長期では上目線。
先々週?週足チャネルタッチで大きく下げましたが反転してきたように見えます。
(ドル円との関係も注目っす)

上げの流れになった時は買いスキャで。
チャネルの再タッチで売りという戦略もあるかもしれません。
そんな上がるかわかりませんが・・

ではでは、
簡単ですが、以上です。


参考になった方は、
ランキング・ポチ☟をお願いいたします<(_ _)>



スポンサーサイト



海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

ドル円 ポン円 どうでしょう?(1月20日~)

こんばんは。
ではチャート分析。

の前に、
なぜチャート分析をするか?
について 笑

僕はスキャ中心ですが、
それでも
週末に流れを見ておくことは
なんやかんや
役立つからです。


例えば、金曜日のツイート。


つい②

スキャルピングで直前まで買いで攻めてましたが急に売りました。
なぜか?
5分足のチャートだと見逃しがちなラインがあらかじめわかっていたからです。

ポン円 4時間
GBPJPYH4 019②
まず直近高値の近くだということ。

日足
GBPJPYM30 019⑦
しかも
そのラインは
日足レベルで
過去に強いネックラインなっていたこと。

もういちど、4時間GBPJPYH4 019③
さらに
急騰からの半値戻し
FIBO50%であったこと

などの重なりで、
一旦は下げると思ったからです。

ちなみに
このとき、指標がありましたが
握ったままでした。

オカルトですが
僕は指標を使って落としたと見ています。
(よい子はマネしないでください)

ということで
何が言いたいかというと
スキャルピングをやる方でも
4時間のチャートは見ておいたほうがいいですよ、ということです。


前置き長くなりましたが
そんな、ポン円、今週どうするか?

4時間
GBPJPYM30 019⑥

ダブルトップをつけて上げれなかった金曜日。

現在値は押し目買いのポイントではありますが
買いが弱いまま終わり、チャート的には売り優勢の状況です。

このまま下抜けていくのか、
一旦上に上げてから戻り売りが入るのか、
わかりませんが、現段階では売りを意識したいと思います。

直近高値の水色を超えるまでは売り目線で
短期で下げのトレンドが出た時にスキャで戻り売りする戦略です。
上げているときに戻り売りはしません。
極力、短期と長期の波が一致したときにスキャります(ここ重要)

(追記 1・19・23時 
 長期ではなく中期でした。
 さらに具体的に言うと、5分と1時間の一致です)

ピンクのポイント辺りのサポート割れば
安値更新を目指すと見ています。

円の動きにも
大きく左右されるので
ドル円も見ておきます。

ドル円 日足
USDJPYDaily019.png

日足の大きな流れのチャネル上限に近づいています。
また強い売りが入ったブルーのポイントが意識されると思います。
ですので上げても500あたりで一旦落ちる様に見えます。
(いずれ110円95あたりまで行くと見ていますが)

まあ、スキャはそんなに難しく考えないで
大きな圧力がかかった時にさくっと押し目買い、戻り売りで攻める。

今週もそんな感じで行こうと思っています。

では、
明日からもがんばりましょう。
よろしくお願いします~


↓よろしければランキング ポチお願いします(^^♪

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

兼業トレーダーのためのトイレシステム②🚻

こんばんは~

先週に続いて、
「トイレシステム」の話をしますね 笑

(読んでない方はまずはこちらを・・)


トイレ イメージ2

で、
その前に大事な話をひとつ。

「ポジポジ病」についてです。

たいして根拠がないのに
「チャートを見ているうちに」ついポジちゃうあの現象。

負けを取り戻そうとして余計にチャートを見てしまう。
それで、またまたポジってしまうという「悪循環」・・

僕も初心者の頃にはまりました。。

で、
ポジポジ病の悪循環を
簡単に断ち切る方法があるんですけど
知りたくないですか?

答えはですね・・
「チャートを見ないこと」です。
正確に言えば・・
「“無駄”にチャートを見ない」ってことです。

「でもチャートを見ないとチャンス逃しそうで・・」
って声が聞こえてきそうですが・・
見なくても問題ありませんよ。

トレードのチャンスを
アラートで事前にキャッチできればいいからです。

それがトイレシステムです。

さくっと
トレードしておしまい。
あとはチャート見ない。

1日、1万円でも月に20万ぐらいいきますよ。
勝率上がって自信ついてきたら、さらにロット上げるだけです。

では・・
トイレシステムって
どういう仕組みなのか?

鉄板0

これ下降の流れが出た後の「戻り売り」ですが・・

そもそも
なぜ下降の流れが発生するのか。
大量に売られる=売りの「圧力」が強まったからですよね。

で、売られたものは
いったん利確されますが(買われる)
まだ下がると考えられて再度売られる。

この流れに乗るのが「戻り売り」ですよね。

戻り売りができるためには
前提としてその前に大量に売られる必要がある。

その売り圧の高まりをキャッチする。
それが「トイレシステム」です。

はい。
答えは「RSI」の数値です。

鉄板0+RSI

戻り売りをする約30分前に、
大きく売られ数値が下がっています。
これがトイレアラートの正体です。

ポンドル、ポン円の
過去チャートを見ると、
RSIが大きく下げた後、再び上昇、
戻り売りで取れるケースがよくあることがわかります。


・相場の圧力をRSI=「トイレシステム」でキャッチ。
・環境認識で戻り売り(あるいわ押し目買い)すべきと判断した場合
・手法に従ってトイレでトレードする 笑


これなら、アラートが鳴るまでチャートを見る必要がありません。
ポジポジすることもなくなります。

えっ、そんな単純なので勝てるわけなくね??

そうですね(あっさり)
RSIが30を切ったから、戻り売りで必ず勝てるわけではありません。
また、どこまで戻すかもわからなければなりませんよね。

それは、
「ちゅぱシステム」(環境認識・手法)の世界になってきます。
あくまでも「トイレシステム」はチャンスを知らせるアラートです。

ちなみに「トレイシステム」+「ちゅぱシステム」で
1月のポン円を検証してみました。(1月2日~10日の2週間)
結果は、以下の通りでした。

アラートが鳴った回数:32回
環境認識によるトレードの見送り:17回
トレード回数:15回 13勝2敗 (獲得420pips  損失27Pips)
※2019年の1年間も過去検証してみましたが勝率は8割程度でした。

ということで、
僕自身は、なかなか使えるシステムだと思っています。
今後、さらに精度を上げていきたいと考えています。


※トイレシステムは名前がいまいちのなので、今後、「ちゅぱアラート」とします。
 つまり「ちゅぱシステム」というトレード手法に付属するのが「ちゅぱアラート」です。

※RSIが一定の数値になるとアラート鳴らす「ちゅぱアラートの設定方法」については
 僕のブログのリンク経由で口座開設して頂いた方にお教えすることにします。
 必ずこちらの記事を読んだうえでお願いいたします。


長くなりましたが、おつきあい頂き、ありがとうございました。


海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)
海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

口座開設でプレゼント!

こんにちは。
さーふです。(あだ名:ちゅぱ太郎)

ネット上には
海外のFX口座を紹介するサイトが山ほどあります。
そのほぼ100%が業者から紹介料をもらっています。(アフィってやつですね)

ですが、
GIVE&TAKEになっていないじゃないですか。

ググってたまたま見つけた
サイトで口座を作っても
サイトの持ち主は儲かるけど、あなたは何にも得しません。

そこで、GIVE&TAKEでいきませんか?
と考えました。

僕のブログから口座開設し、
トレードしてくれた方には、
ささやかですがプレゼントをお渡しします。


今回のプレゼントは、
トレードチャンスをスマホにメールやプッシュ通知してくれる
「ちゅぱアラートの設定方法」です。(2020年1月~)


※ブログの限定公開記事のパスワードをお教えします。
https://sssurfff.blog.fc2.com/blog-entry-138.html

※ちゅぱアラート(旧 トイレシステム)についての記事はこちらです↓
https://sssurfff.blog.fc2.com/blog-entry-135.html
https://sssurfff.blog.fc2.com/blog-entry-136.html



僕のブログ経由でTariTaliのキャッシュバックシステムに登録して頂き
実際にトレードして頂いた方を対象にします。


※XM,TITANの口座をツイッターの固定から作って頂き

 実際にトレードされた方も対象にします。

 詳しくはブログの最下段をお読みください。




TariTaliは一言でいうと、
トレードしたロット数に応じてお金が返ってくる(キャッシュバック)仕組みです。
XM、TITAN、GEMなどのメジャーな業者で利用することができます。

XMだと1ロットで約800円帰ってきます。10回トレードで8000円です。
業者によってはトレードして1時間程度でお金が返ってきます。
スキャルピングで何回もトレードするとそれだけで月@@万円もの儲け?になります。


要するに、海外やるなら、絶対にやらなきゃ損!という仕組みです!海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)


<ステップ①>
口座開設の前に、PC・スマホの「クッキーの履歴削除」してください。
あなたの知らない誰かのサイトに紐づけられることになりますので、
残念ながらプレゼントをお渡しすることができなってしまいます。



<クッキーの削除方法>

クローム

「設定」 → 履歴 → 閲覧履歴データの消去 → 「Cookieと他のサイトやプラグインのデータを削除する」にチェック → 「閲覧履歴データの消去」

ファイヤーフォックス

 「履歴」から最近の履歴を消去 → プルダウンメニューから「すべての履歴」 → Cookieにチェックをいれて「今すぐ削除」

エキスプローラー

「歯車」を選択 → 「セーフティ」 → 「閲覧履歴の削除」 → 「CookieとWebサイトデータ」にチェック → 「削除」


<ステップ②>海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

あとは、↑こちらから口座開設となりますが、大きな流れは以下の通りです。

①「キャッシュバック口座開設 ユーザー登録」でユーザー登録
TARITALI.png

②業者一覧の中から
「口座開設したい業者(XMなど)」を選んで
 新規または追加口座を開設する

TARITALI2.png

③ユーザーページの「口座管理」のタブに上記口座を登録
 (TariTaliのキャッシュバックに紐づける)
TARITALI3.png
  
以上です。


どうせ海外やるならTariTaliでしょ。
どうせやるならプレゼントありでしょ。
というわけで、完全に宣伝モードの記事でした(アフィ~~)笑 


<追記>

・口座を開設され、実際にトレードした方はツイッターのDMでご連絡ください。

 確認でき次第、

「ちゅぱアラートの設定方法」が読めるブログ記事のパスワードをお伝えします。

 ↓

 https://sssurfff.blog.fc2.com/blog-entry-138.html


・これまで僕のブログ経由でXMやTITANの口座を開設された方にも
 特別にブログのパスワードをご案内します。ツイッターでDMをください。


・キャッシュバックではなく、

 普通にXMやTITANの新規口座を作りたいという方は
 僕の「ツイッターの固定」から口座開設をして実際にトレードしてください。
 (上記に書きましたがクッキー削除後)
 こちらもご連絡いただければプレゼントをお渡しします。

・すでにXM、TITAN口座をお持ちの場合は、追加口座開設でも構いません。
 ただし、TITANは追加口座のIBを「SSSURFFF」と入力してくださ

 い。(そうしないと、知らない人に紐づけられます)


長くなりましたが、以上、よろしくご検討ください




海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)